:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

卒業論文概要

ソフトウェアレビューにおける観点の共有効果に関する研究

Research on effect of sharing of perspective in software review

ソフトウェア開発において,開発途中で作り込まれた欠陥の修正コストは,工程が後になるほど増大する傾向にある.そのため,ソフトウェアを構成するソースコードや,その基となる要件定義書等に対してレビュー/インスペクションを実施することで,欠陥を早期発見し,品質と生産性の高いソフトウェア開発を実現することができる.一方,そのレビュー品質はレビュアーの能力に依存するが,その点について従来のレビュー工程に考慮されていない.本研究では,欠陥指摘スキルの高いレビュアーのレビュー観点をチェックリストとしてまとめ,組織内で利用することで,レビュー観点の共有を実現し,レビュー品質を向上させるモデルを提案する.また,この提案モデルに基づいたインスペクション支援システムを構築し,著者らが所属する研究室内で評価実験を行った結果について報告する

VoIPとFAXを連動させた選択型地域情報配信システムの提案

A Proposal of Distribution System of Selecgted Regional Information by Using VoIP Server and Fax

著者はVoIP サーバを用い,低コストで信頼性の高い自己発信型の高齢者見守りシステムを実現するための研究プロジェクトに参画している.本論文では,高齢者の利用満足度を上げるため,地域情報を自動でFAX 配信する仕組みについて研究した結果について述べる.本システムにおいては,予め取得した高齢者の興味情報と地域情報についてVoIP サーバ側で自動マッチング処理を行ない,利用者宅のFAX に対して選択的に情報配信することができることが特徴である.

VoIPを用いた高齢者見守りシステムにおける音声メッセージ配信機能の研究

A Study on Voice Message Function with VoIP Server in Safety Monitoring System for Elderly People

著者は独居高齢者の孤独死を防ぐため,岩手県社会福祉協議会と共同でIP 電話を活用した自己発信型独居高齢者見守りシステムの研究・開発のプロジェクトに参画している.本システムでは,高齢者にも違和感のない名前読み上げ機能や音声ガイダンス機能,日替わり音声メッセージ登録及び配信機能を低コストで実現することが求められている.本論文では,これまでの録音方式と音声合成ソフトウェアの特性について比較評価を行い,高齢者の聞き取り特性のバラツキに対応するための合成ソフト再生速度変更方法,メッセージ登録者の運用負担を低減するための録音・合成併用方法について研究した結果について述べる.

多様な端末に対応する健康増進支援システムプラットフォームの研究

A study on the Health improvement Supporting System Platform for various terminal

近年,40 歳から74 歳におけるメタボリックシンドローム及びその予備群が増加傾向にあり健康に対する社会的関心が高まってきている.健康に対する社会の取り組みとしては重点計画2008 という取り組みがある.これは,個人の健康情報を「生涯を通じて」把握するための情報基盤の構築を目的とした取り組みである.また,これら情報基盤に蓄積された健康情報を活用することにより高度な予防医療の支援と医療機関による質の高い医療の実現が期待されている.しかし,個人が管理する健康情報の多くが独自フォーマットであることから医療分野との連携を柔軟に行うことができないと考えられる.そこで,本研究では個人の健康情報と医療分野とが柔軟に対応できるようにするための情報基盤の構造についての研究を行うと共に個人の健康情報の今後の活用及びハードウェ アの在り方についての考察を行う.

固定ページ:123456789