:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

音声情報と筆記情報を用いたグループ学習の貢献度推定手法

平成24年に中央教育審議会から発表された「質的転換答申」では,学習者の能動的な学習への参加を取り入れた教授・学習法(アクティブ・ラーニング)への質的転換が求められており,教育現場ではグループ学習の実施が今後,ますます増加すると考えられる.しかし,授業でグループ学習を実施した場合,教員が把握できるのはグループ学習の結果のみであり,多数のグループの学習過程を把握することが難しい.そのため,各グループで話し合いや教え合いがどの程度行われ,グループ学習の成果に対して誰がどの程度貢献したのかを把握できない.そこで,本研究では,グループ学習における各学生の貢献度を可視化することを目的とし,音声の言語情報と筆記情報を活用した貢献度推定手法を提案する.また,推定した貢献度(客観推定)と,グループ学習時の様子を撮影した映像を教員が閲覧して評価した貢献度(主観評価)を比較した結果,本手法の妥当性を検証した.