:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

降雪地域における道路状況を考慮した最適ルート推薦システム

日本は国土面積のおよそ6割を積雪・寒冷地帯が占めており,その寒冷・積雪地帯で暮らしている人々は日本の総人口の約2割以上とされている.そのため,その地域で暮らしている人々には冬季間の円滑な道路交通の確保に対して大きなニーズがある.本研究では,冬季間に適切な交通移動手段を知るために重要な要素となる除雪情報,降雪情報,渋滞情報に着目し,その情報を考慮した目的地までの最適ルートを推薦するシステムの提案をした.