:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

通信機能付きトレイルカメラを用いた野生動物適応型威嚇システムの試作と評価

近年,全国各地で野生動物による農作物被害が深刻化している.その対策として電気柵 などの動物撃退機器の設置やトレイルカメラでの監視などがある.しかし,動物撃退機器 は人間にも危険であることと,繰り返し使用することによって野生動物が慣れてしまうと いう問題がある.また,トレイルカメラだけでは動物の出現は確認できるものの,動物へ の適切な対策ができない問題がある.そこで,本研究では農作物被害の軽減を目的とし, 野生動物適応型威嚇システムを提案する.本システムでは,通信機能付きトレイルカメラ を用いて野生動物の農地への侵入をリアルタイムに検知し,動物の種類の判別や威嚇方法 の選択・実行する.本論文では,この考え方に基づいて開発したプロトタイプシステム及 び実験・評価について述べる.