:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

発話前後の文脈を考慮した課題解決型のグループ学習における貢献度推定手法の提案

課題解決型のグループ学習は,学習者同士の議論が十分満足いくものであったか,などの成果が見えにくい.そのため本研究では,課題解決型のグループ学習における貢献度の推定を目的とし, 先行研究の手法に加え発話の前後関係も考慮した貢献度推定手法を提案する.先行研究の手法と本提案手法で推定結果を比較した結果,発話前後の文脈を考慮して特性語を抽出する方が,貢献度の推定精度を向上できるという結果が出た.