:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

数学の問題分類演習に関する研究

数学の理解度を把握するうえで,問題解答後に間違えた要因を振り返ることが重要である.先行研究では,成績下位者は問題に間違えた要因に関する記述が少ない傾向にあることが明らかになっている.その原因として,問題文の数学的な意味の理解過程が解答用紙に残らないため,答えを導き出す過程のどこで誤ったのかを特定できていないと推察した.そこで,本研究では数学の問題解決過程における誤りの検出を目的とし,問題分類演習を提案する.また,問題分類演習を Webブラウザ上で実施可能なシステムを開発し,大学の数学リメディアル科目で利用した.本論文では,問題分類演習の定義と問題分類演習システムについての説明,授業でのシステム利用結果から問題分類 演習で明らかになる誤りの分析を行い,問題解決過程における誤りを検出する手法を検討する.