:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

多様な端末に対応する健康増進支援システムプラットフォームの研究

近年,40 歳から74 歳におけるメタボリックシンドローム及びその予備群が増加傾向にあり健康に対する社会的関心が高まってきている.健康に対する社会の取り組みとしては重点計画2008 という取り組みがある.これは,個人の健康情報を「生涯を通じて」把握するための情報基盤の構築を目的とした取り組みである.また,これら情報基盤に蓄積された健康情報を活用することにより高度な予防医療の支援と医療機関による質の高い医療の実現が期待されている.しかし,個人が管理する健康情報の多くが独自フォーマットであることから医療分野との連携を柔軟に行うことができないと考えられる.そこで,本研究では個人の健康情報と医療分野とが柔軟に対応できるようにするための情報基盤の構造についての研究を行うと共に個人の健康情報の今後の活用及びハードウェ アの在り方についての考察を行う.