:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

問題自動生成機能を利用した作問支援システムの開発と評価

近年,情報処理技術者試験やTOEIC など,様々な検定試験が行われている.しかし各試験の作問現場では,作問者へ大きな負担がかかっていることが問題となっている.そこで本研究では,作問時に起こる負担の軽減を目的とし,知識ベースと出題テンプレートを用いた問題の自動生成機能を提案する.本機能は,出題したいキーワードを入力するだけで多数の問題候補を提示できる.そのため,提示された問題候補から選択し、それを編集するだけで作問ができるため,作問者の負担軽減につながることが期待できる.本研究では,この機能を有した作問支援システムを開発し,学生を対象にした予備実験と作問現場を対象にした評価実験を行った.