:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

中山間地域における生活支援サービス体制の検討のためのシミュレーション

近年日本では,急速に高齢化が進行し,特に地方において高齢化が急速に進行している.高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けることができるように,住まい,医療,介護,予防,生活支援を一体で提供するために,地域包括ケアシステムの構築が求められている.今後は,ボランティアや NPO など資金源の保障がない「自助」「互助」による 生活支援サービス(家事,作業,買い物支援など)をどのように提供するかが,今後の地域包括ケアの鍵となってくる.しかし,この生活支援サービスをボランティアで賄おうとしても,規模の見積もりや体制の設計が難しい.そこで本研究では,高齢化が特に進行し,集落が点在している中山間地域を対象に,サービス開始時におけるボランティア 必要数の把握を目的とし,生活支援サービス体制の検討のためのシミュレーションを提案する.