:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

ソフトウェアレビューにおける観点の共有効果に関する研究

ソフトウェア開発において,開発途中で作り込まれた欠陥の修正コストは,工程が後になるほど増大する傾向にある.そのため,ソフトウェアを構成するソースコードや,その基となる要件定義書等に対してレビュー/インスペクションを実施することで,欠陥を早期発見し,品質と生産性の高いソフトウェア開発を実現することができる.一方,そのレビュー品質はレビュアーの能力に依存するが,その点について従来のレビュー工程に考慮されていない.本研究では,欠陥指摘スキルの高いレビュアーのレビュー観点をチェックリストとしてまとめ,組織内で利用することで,レビュー観点の共有を実現し,レビュー品質を向上させるモデルを提案する.また,この提案モデルに基づいたインスペクション支援システムを構築し,著者らが所属する研究室内で評価実験を行った結果について報告する