:::: MENU ::::

佐々木研究室

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 情報システム構築学講座

スマートフォンで録音した寝息音を用いた睡眠時無呼吸症候群の簡易診断システムの提案

現在,我が国において 300 万人以上が睡眠時に呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群 (SAS:Sleep Apnea Syndrome)であるとされている.SAS は生活に支障をきたし 事故につながる場合や,脳卒中や心臓病など重い病気を引き起こす原因となることも ある.そのため,SAS の早期発見が課題となっている.しかしながら,現在治療中の 患者数は 40 万人程度であり,潜在患者数の約 10 分の 1 にとどまっている.そのた め,医療機関への受診率が低いことがうかがえる.その背景として,SAS による眠気 は慢性疲労であると誤認されやすいことや,睡眠時における無呼吸状態を自身のみで 認識することは困難であることが挙げられる. 本研究では,自身がSASであると認識していない人に受診を促すことを目的とし, スマートフォンにて録音した睡眠時の寝息音から SAS を簡易診断するシステムを提 案する.本論文では,SAS の判別手法の提案と構築したプロトタイプシステムの概要 紹介及びそれを用いた評価実験の結果を報告する.また,今後の課題についても考察 を行う.